スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

類は友を呼ぶ?

BSCL30041.jpg

もうかれこれCrazy Ken Bandを応援して7年位になるのかな。最初に知った頃は前身の前身、Crazy Ken & Heart&soul だった。
狂剣病に侵されたのは妻の方が先でかつ重症であった。ファーストアルバムのPunch×3はメンバーの一人から頂いたものである。これは音飛びするほどヘビーに使用し買いなおした。次のアルバムも非売品のカセットテープを頂いたが、応援団である以上CDはもちろん買った。

この頃のCKBは実質的にはアマチュアバンドみたいなもので、皆仕事を持っていたし、(のっさんとバンマスK-1は音楽の仕事だったけど)オフィシャルサイトには通称「青板」と呼ばれるBBSがあった。そこへ我が愚妻は2年程、毎日のように書き込みをして仲間の輪を広げたり、一部から嫌われたりしていた。大げさに言えばステージも客も皆顔見知りみたいな、今にして思えば信じられないような状況、逆にその頃はこんなにビッグな押しも押されもしないアーティストになるとも私は思ってなかった。だから結構、布教活動と称して大勢の人に無理やり聞かせた。

時おり十勝の狂剣病患者でオフ会をする。自身でも「道東ビートルズ」なるバンドをやっておられる某ガラス屋の社長と某飲み屋でCKBのDVDと泡盛やバーボンをたっぷりと堪能した後、社長が「〆にそば食ってきましょ」との言葉に従いついていった先が某そば屋。この時社長が着ていたのがいかにも狂剣病と言った不良クラブのTシャツである。其れに食いついてきたのがその蕎麦屋の大将である。狂剣仲間が一人増えた瞬間である。

社長もたびたび立ち寄る店らしいがそんなことは露知らず、ひとしきりCKBの話に花が咲く。この大将、短く刈り込んだ髪にひげと言うワイルドなルックス、チョイ悪オーラ満開といった感じだが、出てくるそばは上品なお味である。

それからもお互いのお宝の貸し借りや、遠いところをわざわざ我が家までフライングゲットしたGALAXYをさりげなく自慢に来たり(笑 楽しいお付き合いが続いている。
スポンサーサイト
.04 2006 お楽しみ comment1 trackback(-)

comment

ひろみつ
AMANOGAWAは気づけば口ずさんでいて
おっさんぽくて困ってますw

僕のCKBデビューはラジオで聞いた肉体関係。

そこの二人が大絶賛していたので
ボリュームを上げて聞いて見ましたよ。

「これがそうかぁ。なんてやらしすぃ曲だ。」

と思ったものです。

関係ないけど最近の僕のパワープレイは
ASIAN2の「遠く」2006発売
KOKIAの「ありがとう」1999発売w

僕、「ありがとう」を聞くと泣きそうになります。
ありがとうを言いたい人がいるなら
いるうちに言いましょうwwww
2006.10.04 23:48

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

crazy potato

crazy potato
プロフィール

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。