スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

たかがカレー・・・されどカリー

060724_2112~0001.jpg

たしか寺山修司のエッセイだったと思うが随分と昔に読んだものの中にカレーとラーメンについてこんな文があった。
ラーメンは街の味でカレーは家庭の味。大抵の場合ラーメンの方が20円くらい安い。だからハングリーな若者であった私はラーメンを好んだ。そういえば昔はラーメンの方が少し安かったような気もする。今はどうだろう、インデァンのカレーは400円を切るが500円以下のラーメンはまずお目にかかれない。
そんな時に1400円も払ってカレーを食らおうという酔狂な話である。(いつもは700円の一皿盛りだけど)写真は例によって少し食べてから思い立って撮ったので具が少々減っているが、マスタードポークなるスリランカカリーである。
今流行のスープカレーとは違うがとろみの無い独特な香りと味。20年近く前の開店の頃からのフアンで変態的に辛いものが好きな私は迷わずダイナマイトを注文する。(インデァンの極辛の倍は辛いです。)
家庭では決して味わえない私にとっての街の味、それがこのカリー。
スポンサーサイト
.30 2006 お楽しみ comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

crazy potato

crazy potato
プロフィール

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。