スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

我々の行く末

深夜のドキュメンタリー「中国が日本を棄てる日」を見た。
毒ギョーザの一件以来一時的に店からは
中国産の冷食は姿を消した。
札幌の生協はオール道産のギョーザの商品開発を始めた。
中国産1個10円に対し道産の目標を12円に設定した。
実際に引き受けてくれる工場は無く、見積もりに応じた
工場は全職員9名のオール手作り工場。
その結果は1個50円。消費者の求める安全で美味しいもの
を作ったはずだった。
しかし、試食会で出された声は高すぎて買えない、である。
すっかり安くて手軽で見栄えのする食品に慣れきって
しまっているのである。自分でギョーザ作って売るとしたら1個
いくらの手間賃が欲しいか考えて見ればよい。

日本の商社は開発輸入と称し種から栽培法を管理し、
厳格な品質及び規格を中国の農民に要求した。
中国の経済発展めざましく、もうそんな日本のめんどくさい
要求に付き合わなくても、国内向けにそこそこの値で売れるよう
になってきたのである。
日本向けの食材が生産されなくなる日がいずれ来る。

一方自給率39%の日本は食品の大きさや形を揃えるのに腐心し、
スーパーは品揃えと品切れしないことを重要視、
たくさんの無駄廃棄を出している。
棄てるのも消費のうちと呑気なことはいつまで言えるのか。

何故にこんなに自給率が低いかと言えば、農水省まで含めて
誰も自給率を上げようなんて思ってなかったんじゃないかな。
えらく農業と農協批判が吹き荒れた80年代、自給率は
60%弱でその向上が叫ばれていた。
アレから20年順調に20%下げた。(笑
工業製品の輸出が日本の生命線だからそれを守るには
何か買わなければならない。
エネルギー・原材料そのほかには農産物。金さえあれば
幾らでも買えるからこの際農業には
安楽死してもらおう、ってなもんだ。
「自給力」なんて不思議な言葉まで生まれた。
俺は25年も前から言ってるよ。誇り高き同盟国は
全てが一番になるまで要求を突きつけ続けるって。
小麦とビーフを買ってくれたら車と電器は譲るなんて
決して言わないって。

農業は補助金・利権・票田なんてキーワードで
語られる事が多い。
確かに膨大な予算が割かれている。
ただ利権と言うほど美味しい事があるならこんなに
農民減らんだろ。
農業が主だった収入として食ってる人は人口の5%位でしょ。
票田と言うには頼りないよね。結果都市に軸足を置いた
議員センセが増えてゆく。

小麦製品の値上げで、関税下げれば別に値上げしないで
済むと仰る方もいる。
そして内麦は外麦の3倍の値段だと驚嘆してみせる。
その驚きの価格が60Kgあたり8000円程度。300坪に
小麦を栽培した場合の売り上げが6~7万円。
利権だと思う人がいたらやってみてくださいな。(笑
3分の1で出来る外国って凄いなっていうか、何処の国も
農業は儲からない産業の代表らしい。特に穀物はね。

自給率とか食糧安保を語るとき、ナンセンスだと言う方が
いらっしゃる。
現在の石油漬けの農業、石油が絶えればそれまで、
生産は激減する。
なんとか生産しても消費地まで運ぶ手段もないと。
大前研一センセは著書の中で石油が絶えれば
1億2千万枕並べて討ち死にだと仰った。
そういう諦めの良い方はさっさと逝って貰って結構だが、たいていの人は
それほど諦めはよくない。大体石油が途絶えて農業だけが壊滅ってあり得ないでしょ。
農業以外の産業はそれ以上に深刻でしょ。そうなったら国民皆農しか方法が無い。
もしもそんな事になったら国は農民から土地を取り上げたりするんだろうな。
そんな非常事態にならないことを祈るけど、それもこれも農地が保全されてての話。

これから我々がわが世の春を謳歌する時代になるかどうかは知らんが、
農業が重要な産業になっていくことは間違いないと思う。
経済界も株式会社の農業参入、農地取得を提言し始めている。
農民が減る一方の現状で就職と言う形で農業に関われる人が増えるなら
それも良いと私は思う。
ただ同時に転用許可の権限委譲や実際に農業に関わる役員の定数の緩和
なんかも主張してる辺りが品性のない御手洗センセらしい。(笑
ただ株式会社の参入で価格が下がるって言う事は期待しないほうがいいよ。
派遣社員の年収が200万足らずで自分の年俸2億円って言う人のいうこと
真に受けるのはお目出たいにも程がある。
スポンサーサイト
.20 2008 未分類 comment0 trackback(-)

田舎に泊まろう byテレビ東京

3月のある日オレがビニールハウスで仕事をしていたら
なにやら5~6人がぞろぞろ我が家の敷地内を歩いている。
何事だと近づいていったのだが、向こうは俺に気付かずに
お向かいの家の方に向かってゾロゾロ。
辺りを見まわしたが、車も無い。
あいつらどうやって来て、何してるんだ? ???????
不審な奴らだ。

次の日昼頃にJAの事業所に出掛けたら公民館の駐車場に
ワゴン車と昨日のご一行様がいる。
若いオネエチャンはストレッチのようなダンスのような、
盛んに身体を動かしている。

それを横目に事業所に行くとご一行様の事が噂になっていて
職員の一人からお宅にも行った?ときかれた。
何だかテレビ東京の取材で野菜いっぱいのカレーを
作ってくれとか言って歩ってるらしい、とのこと。
益々?????????

その後製作会社の方から電話があって、お宅を訪ねたけど
留守だった、そのときの絵を使用する許可が欲しいとのことである。
実際に使用するかどうかは未定。
TVHはこの辺では見られないから、オンエアのテープくれるならいいよと
答えておいた。

ネットで調べたら4月27日放送、うちでもBSJで再放送が見られる。

5月3日再放送を見る。
見事に我が家の全景と、散らかった玄関が写ってた。
出演タレントは小阪由佳、グラドル界の不思議ちゃんらしい。
とてもかわいらしいオネエチャンだ。
その子が野菜ごろごろの男の料理って言う感じのカレーを
作って食べさせてくれるお父さんと、一晩泊めてくれる家を探して
交渉するって言うのが今回のこの番組らしい。

そんなんだったら、作った事無いカレーも無理やり作るし、
一晩と言わず二晩でも三晩でも泊めるぞ、なんなら横で添い寝しても
良いぞ、とも思うのだが我が家のご婦人方にそんなの泊めて
テレビにウチの中撮られるなんざ真っ平ゴメンと言われたよ。

小阪由佳を間近で見れなかったのは何だかちょっと悔しいが、
ロケ隊と鉢合わせしなかったのは幸運だったか不運だったかはなんともいえない。

結局製作会社からははテープくれるような話は無い。
ま、見たからいいけど。

.05 2008 日記 comment2 trackback(-)

頭にくるな、、

いくら削除しても、アク禁設定しても次から次へとスパムコメントが・・・・。

ろくでもないサーバーが火を噴くようなサイバーテロの方法知ってる方
教えてください。
.05 2008 ぼやき comment0 trackback(-)

硫化水素の発生方法

なんて言うタイトルでエントリしたら、急にアクセス増えたりしてね。(笑

有害情報を制限しようとか、もっともらしい話だけど、前例を作ると政治家・警察・官僚にとって都合の悪い情報は全て社会を混乱させる有害情報ということになりませんか?
隣の某大国と変わりませんぜ。
私は気が小さいヘタレなんで、硫化水素の発生方法をここに書くだけの度胸はありませんが、呆れるほどありふれた材料ただ混ぜるだけですよ。
誰でも少し化学をかじればわかります。
つまり、死にたい人は5階建てのビルの屋上からダイブすれば死ねますと書くのと大差ないということです。
何年か前に自殺マニュアルと言う本が物議をかもしたが、発禁にはなってなかったような記憶があるんですがね。(未確認

とかくインターネットは何かと目の敵にされる。誰でも好き勝手に発信できるからね。
でも自戒の念を込めてだけど、こんな誰も見てないようなトコにぐだぐだ愚痴書いて、溜飲を下げた気になってる。何も社会は変わらない。誰かさんもちっとも困らない。
権力側は放っておいたほうが、ガス抜きになって身のためかもよ。
.02 2008 ぼやき comment0 trackback(-)

18年経ったCCB

うたばんに出てましたね。確かに歳とってました。
染める髪の毛が無いとか、解散はメンバーの不仲のせいとか、
いい感じにさばけてましたね。

ryu君でしたっけ、当時ピンクの髪でシモンズ叩いてた彼は
今、家業の農業手伝ってるとか言ってましたね。
なんか親近感わきました。良くぞ言ったと言うかそんな事を照れずにいえる
歳になったと言う事でしょうかね。

かくいうpotatoも若かりし頃は「農業」というのが恥ずかしく、
つい「自営業」と答えたり、書いたり・・・。ま、自営には違いないけど。
.02 2008 未分類 comment0 trackback(-)

転載

転載OKとのことですので
nikaidou.comより

-------------------------------------------------------------
<すべて転載。さんより>ひどいありさまです。

聖火リレー、行ってきました。
まず皆さんにお願い。
この日記を転載、リンクして頂いてかまいません。
動画3つまでしか載せれないため、
動画ありと書かれたものは僕のメインページの動画にあります。

4/26日を振り返ります。

早朝、善光寺へ向かった。
Mちん、Tさん、F君、Yちゃんと5人で。

町には何台もの大型バスが乗り入れ、中国人が降りてくる。
僕らがそれぞれ旗を作り、プラカードを作り、前日からカラオケボックスで寝ていたのに対し、
彼らは中国大使館から支給された巨大な旗と、チャーターバスで堂々登場した。

善光寺参拝が終わり、街中へ。
とりあえず聖火リレー出発地点へ向かった。
ここで日本とは思えない景色を目にした。

出発地点に、中国の旗を持った人は入場できるが、チベットの旗を持った人は入れない。
警察の言い分。
「危険だから」
じゃあ、何で中国人はいいんだ?
「......ご協力お願いします。」

は?
それやらせじゃん。
中国国旗しかない沿道って、警察が作ってるんじゃん。




この後TBSの取材が来た。
チベットサポーターの1人が、
「日中記者交換協定があるから映せないのか?」とアナウンサーに聞いた。
アナウンサーは「は?勝手に叫んでれば?」
と吐き捨てて消えた。

街中に行くとどこに行ってもFREETIBETと叫んでいる。
そこに中国人が押し寄せ、罵声を浴びせてくる。


交差点で中国人と僕らが入り乱れた。
突然Mちゃんが顔面を殴られた。
僕は殴った中国人のババアを捕まえて、目の前の警察に言った。
「こいつ殴ったぞ!!」
警察は何もしなかった。

ババアが俺の手を噛んだ。手から血が出た。
警察と目が合った。
警察は何もしなかった。

ババアが僕の顔面を殴ってきた。
周りのチベットーサポーターが、
「おい、警察、現行犯だろ、捕まえろよ!!!!」
と言ったのに、
警察は何もしなかった。

これが抗議活動中じゃなかったら、普通にブチ切れて乱闘になってる。
でも非暴力を貫く為、ひたすら耐えた。

Mちゃんが1日かけて一生懸命書いたプラカードを、
中国人が叩き落とした。
拾おうとするMちゃん。踏みつける中国人。
「おい、てめー何やってんだよ!」と制止に入った。
2mくらいの距離に警察がいたが、何もしなかった。


街中いたるところで抗議合戦。
救急車が来たり大騒ぎ。
僕らはひたすら抗議活動をした。
(動画あり)

雨が降ってきた。
それでも誰も抗議を辞めなかった。
中国人がかたまってる交差点を、
Tさんと旗を振りながら渡った。
沿道の中国人は蹴りを入れてくる。
とても沿道に入れず、車道を歩いていた。
警察が来て言った。
「早く沿道に入りなさい!!」
は?今入ったらボコられるじゃん。
なんで日本人の安全を守ってくれないの?
「じゃあ、あいつらに蹴りいれるの辞めさせろよ!!」と僕は叫んだ。
警察は「ご協力お願いします」と言った。


雨の中、聖火リレーのゴール地点へ向かった。
何故か中国人とチベットサポーターに分けられた。
警察は、「後で聖火の方に誘導するから。」と言った。
嘘だった。
ゴールの公園の外の何も無いスペースにチベットサポーターは閉じ込められた。
聖火なんか、どこにもなかった。
目の前には警察が何十人も取り囲んでいた。
こんな場所じゃ、声すら届かない。
数百人のチベットサポーターは、泣きながら警察に向かって叫ぶだけだった。
国境無き記者団もこちら側に来させられていた。
代表がマスコミのインタビューに答えていた。
(裏から撮影した動画あり)

聖火リレーがいつ終わったのかも分からないまま、
土砂降りの中僕らは叫び続けた。
この声を、伝えることすら出来ないのかと思ったら涙が溢れてきた。
MちゃんもF君も泣いていた。
こんなのってあんまりだ。
せめて伝えて欲しいだけなのに。
この叫びを聞いていたのは目の前に並んだ警察だけだった。(動画)



チベット人の代表が弾圧の現状を訴えた。
涙が止まらなかった。
内モンゴルの代表が弾圧の現状を訴えた。
涙がとまらなかった。

伝えたい。ただ伝えたいだけなのに、国家権力によって封殺された。
悔しい。悔しい。

日本は最低な国だ。
平和だ、人権だと騒ぐ割には、
中国の圧力に負けて平気でこういう事をする。
警察を使って。

帰りに携帯でニュースを見た。
「聖火リレーは無事終了。沿道は大歓迎ムード。」
「聖火リレーで日本人5人逮捕。中国人留学生に怪我。」

僕は愕然とした。
この国のマスコミは終わったと感じた。

あの怒号は、
僕らが受けた痛みは、
彼らの悲痛な叫びは、
どこに反映されたのだろう。


警察によって意図的に中国人のみの沿道を作り、
そこをマスコミは撮影し、
中国人の暴力を黙認して、日本人を逮捕する。
これが日本のやることか?
ここは本当に日本なのか?
中国の旗を持たないと歩けない沿道って何なんだ?

この国は最低な国です。
チベット人は泣きながらありがとうと言っていたけれど、
僕は彼らに謝りたかった。
初めて日本人であることを恥じた。

帰り道、僕らは泣いた。


これが真実です。
僕は日本政府は中国以下だと思った。
弾圧にNOを言えずに、言いなりになって彼らの叫びを封殺したこの国は、もう民主主義国家ではない。

4/26日長野。
そこには言論の自由はなかった。
歩行の自由すらなかった。
中国人を除いて。


追記:どなた様も、転載の許可必要ありません。
報告だけしていただけると、反応が見れて嬉しいのでお願いします。
動画が消えたりするるみたいですが、また報告していただけたら何度でも載せなおします。
マスコミの嘘つき。大嫌い。
FREE TIBET!!

.01 2008 未分類 comment0 trackback(-)
 HOME 

プロフィール

crazy potato

crazy potato
プロフィール

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。